大人の女性に多い背中のニキビの原因と対策

なぜ背中ニキビができるの?

「背中ニキビ」と言われている背中にできる赤いブツブツ、これは様々な原因菌によって引き起こされています。背中には皮脂腺が多い為ニキビが発生しやすく、また気づきにくいので悪化しやすいのも特徴です。この背中ニキビは、肌の乾燥や皮脂や汗、シャンプー・トリートメントが流しきれずに背中に付着したりといった原因があります。また、ホルモンも背中ニキビに大きく影響しています。食生活の乱れや不規則な生活、ストレスなどが原因で体のバランスが崩れてしまうことから、肌のリズムも崩れてニキビができやすくなってしまうと言われています。これらの原因から背中にアクネ菌が増殖して炎症を起こしニキビが発生するのです。さらに、似た症状としてカビ菌やダニから炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

どのような対策をすれば良い?

背中ニキビの対策には原因に合わせたアプローチが大切なので、まずは自分のニキビの原因を見つける事が第一に重要になってきます。生活リズムが乱れていないか、汗や皮脂など背中はいつも清潔に保てているかなど見直してみましょう。食生活の乱れがある場合は、栄養バランスのとれた食事を心がける事が大切です。必要に応じて、ビタミンなどのサプリメントを取り入れながら無理なく予防・改善していきましょう。生活リズムが乱れている場合は、質の良い睡眠を十分にとりながら、適度に運動をするなど規則正しい生活リズムに変えていきましょう。皮脂や汗、乾燥に関しては、すすぎ残しがないように、またゴシゴシと強く力を入れずに丁寧に洗い、最後は乾燥しないようにしっかりと保湿をする事が大切です。汗を吸い取る下着を選ぶのもオススメです。悪化する前の早めの対処が大事なので、ニキビができていないか日頃からチェックしましょう。