中高生のニキビを防ぐ方法

中高生にニキビができやすい理由

青春時代にニキビができて、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。中高生にはニキビができやすく、思春期ニキビと呼ばれています。思春期ニキビができるのは、ホルモンバランスの乱れや食生活などが原因です。思春期には男女問わず男性ホルモンが多く分泌されるため、皮脂腺が活発に働き皮脂の分泌も増えて毛穴が詰まりやすくなります。また思春期は食欲が増える時期で、脂っこいものを多く摂取することでも皮脂の分泌が増えてしまいます。毛穴が詰まるとアクネ菌などが増加して、炎症が起こることが思春期ニキビ発生のメカニズムです。春から夏にかけて増え、顔全体にポツポツとできるのが特徴といわれており、どんな人でもできる可能性があります。

ニキビを防ぐスキンケアのコツとは?

スキンケアの基本は、清潔と保湿です。まず、脂っぽい肌を綺麗に洗顔しましょう。ただし洗顔を1日に何度もすると、皮脂の分泌量が増えて逆効果になるため、朝晩の2回程度が基本といわれています。また中高生でも化粧品を使用する人が増えてきていますが、毛穴を清潔に保つためには、なるべく化粧品の使用は避けることが大切です。次に保湿ですが、できるだけ刺激の少ない化粧水を選びしっかりと保湿することが大切です。水分と油分のバランスがいい肌には炎症は起きにくいため、洗顔後すぐに化粧水と乳液をつけることが有効です。もしニキビができて炎症が強い場合には皮膚科で薬を貰い、スキンケア後につけると治りも早くなります。スキンケアに加えて睡眠をしっかり取り、食事のバランスにも気をつけて規則正しい生活を送ることでお肌の調子を整えていきましょう。